自転車保険について|知っておきたい!評判の高い保険の窓口への相談方法
グラフのイラスト

Insurance News

自転車保険で安心して自転車を利用しよう

自転車保険について

自転車に乗る人

自転車保険とは

自転車保険とは、自転車を利用したときのリスクに備える保険のことをいいます。自動車事故と比べて軽視されがちな自転車事故ですが、自転車事故でも高額賠償事故は発生してしまいます。万が一の事故でも補償が受けれるようにするために、自転車保険はぜひ加入しておきたい保険です。

自転車保険で補償してくれるもの

自転車保険には、相手への補償と自分への補償があります。相手への補償とは、自転車を利用中に人にぶつかってしまいケガをさせた時や、自動車にぶつかって自動車をヘコませてしまった時などに受けられる補償です。自分への補償とは、自転車利用中に転倒してしまい自分がケガをしてしまったときや、入院せざるを得なくなったときに受けられる補償です。自転車利用で起こるほとんどのリスクをカバーしてくれます。

事故にあったときの確認事項

ケガの確認

自転車や自動車の事故に遭ってしまったら、始めにお互いのケガの確認から行いましょう。場合によっては、一刻も早く救護が必要なこともあります。

二次災害の予防

ケガの確認の次は、二次災害の予防を行います。周りに事故があったことを知らせ、二次災害が起こらないように、できるならば自転車や自動車を安全な場所へ移動します。

警察への連絡

二次災害の予防が終わればすぐに警察へ連絡します。警察へ連絡すると、同時に救急車も呼んでくれるでしょう。具体的に事故の状況を伝えるようにしましょう。

事故状況をメモ

警察が駆けつけるまでの間に、事故状況をメモしておきます。また、目撃者がいる場合は目撃者の確保もしておきましょう。交渉するときに重要な部分になります。

保険会社へ連絡

一連の流れが終われば、補償を受けるために、保険会社へ連絡しましょう。保険会社のホームページへアクセスすれば、問い合わせ番号を知ることができます。

広告募集中